"> 世迷いGT 民営化 忍者ブログ
ヨマヨイゴトをひとりつぶやく・・・
[60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


出典:フリー百科事典
シリーズの一部
資本主義


概念[表示]
経済理論は、[表示]
起源[表示]
人々[表示]
バリアント[表示]
関連トピック[表示]
の動き[表示]
 
哲学ポータル
 
経済ポータル
 
政治ポータル
 
Vの•開発•電子


この記事は、検証のための追加引用が必要です。
この記事の改善信頼性の参照を追加することに役立ちます。出典を素材に挑戦されることがありますし、削除されます。 (2008年1月)
民営化の発生や公共部門、民間セクター(ビジネス)には(政府)から、ビジネス、企業、公的機関や公共サービスの所有権を移転するプロセスです。広い意味では、民営化、すべての政府機能の収益の収集と法執行機関のような政府の機能を含む民間企業に転送することを指します。[1]
長期的"民営化"も2つの無関係なトランザクションを記述するために使用されています。最初の買収は、大多数の所有者は、公益法人の全株式のものであるか会社の株式保有は、上場株式の民営化。 2番目の相互の組織や共同出資会社を設立する協同組合の株式会社化されている[2]
目次[非表示]
任期の1産地
2歴史
民営化の3種類
と民営化反対4の引数
4.1 Proの民営化
4.2反民営化
5中級再生回数
5.1開発/低腐敗の経済
5.2&後進/または高腐敗の経済
6成果
7代替民営化の合計
7.1公益事業
7.2非営利
7.3市制
7.4アウトソーシングまたはサブ契約
7.5部分的な所有権
8主な民営化
民営化に9負の応答
10民営化の逆
11も参照してください
12参考文献
13さらなる読書について
13.1外されてしまった
14外部リンク
[編集]起源用語

これは、長期的、最初に1930年代にナチスドイツの経済政策をカバーするのエコノミストによって使用されたと主張されている[3] [4]
[編集]歴史

このセクションexpansion必要があります。
が、民営化古代ギリシャからのデートのときに、政府は、民間部門の[5、ほぼすべてを委託してきた長い歴史です。ローマ共和国、民間、個人や企業では税の徴収(税込農業)、軍の物資(軍事請負業者)、宗教的な犠牲と建設を含むサービスの大部分を行った。しかし、ローマ帝国も状態が作成された国有企業 - 例えば、多くの穀物を最終的には不動産は、天皇が所有する上で生産された。一部の学者は、官僚のコストを1ローマ帝国の崩壊の理由のように思われる[5]。
英国では、一般的な土地の民営化に低地のすきまとハイランドクリアランスとエンクロージャスコットランド(のように)呼ばれ、大幅に発生した1760年から1820年には、一致したこの国では産業革命です。
さらに最近では、ウィンストンチャーチルの政府は、1950年代には、英国の鉄鋼産業の民営化、西ドイツ政府は、大規模な民営化、小規模投資家には1961年に株式公開[5]でフォルクスワーゲンの過半数株式売却などに着手。 1970年代の一般的なピノチェト氏はチリでの大幅な民営化プログラムを実施しました。しかし、それは1980年代にアメリカでは、英国やロナルドレーガンのマーガレットサッチャーのリーダーシップの下では、民営化、世界の勢いを得た。英国では、このイギリスのレールの1993年の民営化にサッチャーの後継者、ジョンメージャーで頂点;英国鉄道、民間鉄道会社の事前の国有化によって形成されたこと。
主要な進行中の民営化日本郵政公社、日本郵政公社の民営化されている日本語ポストサービスとは、世界で最大の銀行である。これは民営化を小泉純一郎首相によって、先導され、2007年に制定された、議論の世代、次の。民営化のプロセスを2017年まで更新する予定です。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R

忍者ブログ [PR]